FC2ブログ
私のアトピー体験→ほぼ克服?記録①
今日は以前も少し書いた私のアトピーについて、自分で振り返りながら書きたいと思います。
ハンドメイドネタではないので、興味のない方はスルーしてくださいね。

自分の記録として書いたので、読んでもおもしろくないと思いますが、もしも私と同じようなアトピーで悩んでいる方の参考になれば…という気持ちで書いています。



私は幼少期からアトピー性皮膚炎で、酷い時期は「アトピーのかわいそうな子」という印象だったと思います。
慢性的なアレルギー性鼻炎と、運動や寒さによる蕁麻疹もあります。


顔も含めて全身に湿疹が出来ていて、痒くて眠れない時期もありました。
パジャマはいつも血だらけ…母はなんとか私のアトピーを治そうと、いろんなことを試しました。

海水がいい、木酢湯がいい、漢方がいい、ステロイドはダメ、日焼けはダメ、ジャンクフードはダメ、ダニもダメ、ストレスもダメ…

今思えば情報に惑わされすぎて、私に合った治療法を見つけられずにいた時期が長かった気がします。
ストレスがダメと言われても、アトピーの自分の顔がストレスなのだからどうしようもない。

ステロイドを塗ってよくなって、やめて悪くなって…の繰り返し。

小学校高学年の時、運動会のフォークダンスで男子に「おまえの腕汚いなあ!」と言われ、傷ついたことを今でも覚えています。


でもずっと酷かったわけではなく、顔だけはマシな時期もけっこうあったので、自分で言うのもなんですが、性格は明るくて、学級委員をしたり、大人になってからは友達と遊びや旅行を楽しんだり、人並みに恋愛もできたように思います。


だから、どんなことをしても絶対に治したい!!という気持ちが強く持てなくて、いい時期だけを楽しんで、悪い時期は鏡を見ないように心に蓋をして…というふうに過ごしてきました。


高校時代の後半は、受験のストレスからか顔の湿疹が酷くなり、修学旅行の写真が悲惨なのばかりで見たくないので処分しました。

1年の時からの彼氏も、そのせいだけではないと思いますが、卒業直前に離れていきました。



ハタチくらいまで、化粧品会社が出しているものは全て化粧品=お肌に悪い…という固定概念から離れられなくて、化粧水・乳液・ファンデーションは一切使っていませんでした。

一番いいのは病院の先生が処方してくれる薬だと信じていたのです。



22歳くらいの時、家の近くに資生堂のお店ができて、普段ポイントメイクだけはしていたので行ってみました。

そこでスキンケアの重要性を聞き、たまたま顔には湿疹のない時だったので超敏感肌用の化粧水・乳液(確かd-proというシリーズでした)を試してみました。

たぶん日ごろからスキンケアの大切さについてはいろんな所で聞いていたのに、子どもの頃から通院していた病院の先生の、「化粧なんてもってのほか!」という意見に縛られすぎていて、薬以外は塗ってはいけないと思い込んでいたのです。

なぜその時、化粧品会社の人のいうことを受け入れて試してみようという気になったのかはわかりませんが、とにかく基本的なスキンケアを始めました。

劇的な変化はもちろんありませんが、常に保湿を心掛けたおかげで、徐々にステロイドを使わなくても顔に湿疹が出にくくなっていきました。

今思えば、風呂上りに化粧水も塗らないなんて、普通の人でもお肌荒れますね~。
それまでは乾燥対策にはワセリンしか塗ってませんでした。


1~2年をかけて、顔の湿疹はほぼ出なくなりました。

たまにできると、ためらわずすぐにステロイドで治し、徐々に減らし、スキンケアのみに戻す…という方法で過ごした結果です。


体の湿疹は相変わらず酷くて、ブラをしているのも辛い時期もあったり、ストッキングが痒くて会社では生足にパンプス履いたりしてました。

残業続きで疲れが溜まると、背中やお尻の湿疹が悪化してオデキになり、潰れたりして大変でした。
円形脱毛症もよくできて、隠すのに苦労しました。


それでも顔の湿疹がよくなり、体を隠していればアトピーと気づかれない、ということは、私にとっては夢のようでした。

当時私は銀行員でしたが、お客さんの目をしっかり見て話せる、というだけで自信がついて、少し営業成績が上がったりしました。

仕事がとても忙しく体の湿疹が酷い毎日の中で、仕事帰りに彼氏(今の夫)と会う時間が私の拠り所で、どんなに疲れていても連日夜遅くまでデートして、外食ばかりしていました。

彼は私の顔のアトピーがかなり酷い時期も嫌がらずに受け入れてくれていて、今振り返ると、本当に優しい人だと思います。(自分で書きながら、現在のダンナに対する態度を反省

連日の残業、外食、睡眠不足…アトピーがよくなるわけもなく、顔だけがよくなっていたのが奇跡のような生活でした。


母に「食生活を見直せ」と言われても、野菜食べるくらいでアトピーが治ったら、世の中にアトピーで苦しむ人なんておらんわ!と思い、仕事のストレスも手伝って好き放題に食べていました。


体の湿疹が治るきっかけになったのは、結婚だったと思います。


長文になってきたので続きはまた後日にします。


明日は今日作ったものをアップします!







にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村

テーマ : アトピー・アレルギー
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Secret
(非公開コメント:受付中)

私の子供もアトピーですが改善されてきましたよ。自分が何にアレルギー反応を示すのか突き止めるのがキーです。好き嫌いは良くないと言いますが アレルギー物質を口にすることはその人にとっては毒。自分の体の声を聞いて下さい!因みにうちの子が小さかった頃食べなかった物を調べたら全部アレルギー反応が出ました(汗)今は5歳になり少し改善されてきたのか鈍感になってきたのか何でもたべるようになりました。でも例えば豚肉を食べるとやっぱり痒くなっています。えっ?って言うものもアレルギーの可能性はありますよ。
No title
falcon mama さん

コメントありがとうございます。そうですね、食べるものって重要ですよね。私の場合、アレルギーテストでは食物の反応はほとんどなく、ダニにかなり反応していました。でも、この続きに書きますが食生活を整えるとかなり改善されました。外食を控えただけでも違いました。
>自分の体の声を聞いて下さい!
これ、ほんとに大切だと思います。
falcon mama さんのお子さんのアトピーの改善、私もうれしいです。
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR